美容と健康

プロポリスの消毒、殺菌、抗菌作用

健康志向、自然派志向の方がとても増えていますね。
副作用がなくて、穏やかに身体に効く、漢方薬やハーブなどの効果も非常に注目をされるようになってきました。
そんな中、ミツバチが作り出すもので、人間にも非常に有効に使える成分があります。
それははちみつやみつろう、ローヤルゼリーやプロポリスなど、実にたくさんあるのです。

プロポリスは、ミツバチがいろいろな樹木から集めてきた樹脂を、唾液と一緒に噛み続けることで、ワックス状にした物質です。
ミツバチはこのようにして作り出したプロポリスを自分たちの巣を直すためや、入り口や巣への通り道などに使用しているのです。
プロポリスをこのように巣を作るために利用するのは、巣の中の温度を一定に保つためであったり、滑らかにしたり、通路を狭くすることで、外的から守るためです。

そして、一番の理由として、巣の中を無菌状態に維持することが出来るからです。
実は、ミツバチが唾液と一緒に噛み続けていた樹液には、優れた抗菌力があるのです。
これには、とても強力な殺菌作用、抗菌作用があるので、プロポリスを巣作りに利用することで、微生物やウイルスなどから守り、巣が腐敗するのを防止しているのです。

このプロポリスを利用しているのは、ミツバチの中でもセイヨウミツバチだけで、日本に生息していた
ニホンミツバチは、これを利用していません。
そのためか、ニホンミツバチは、セイヨウミツバチのように巣で長居せずに、巣を放棄して移住することが多いようです。

日本と日本人にとってあまり馴染みのなかったプロポリスは、日本で本格的に研究が始まったのは、1985年のことです。
ですからプロポリスの効果や効能については、まだまだ未知の部分が多いのです。
プロポリスは、ミツバチ自身が樹脂と唾液などを混ぜあわせて作り出される物質であり、人工的には生産することの出来ない非常に希少価値のあるものです。
消毒、殺菌、抗菌作用に優れたプロポリスは、人工的に作られた抗生物質では効果のないようなウイルスに対しても効果があることが確認されています。

このページの先頭へ