美容と健康

プロポリスの気になる副作用

ミツバチが自然界のさまざまな外的から自分の巣を守るために、活用してきたプロポリス。
自分の唾液と樹液を混ぜて作り出すプロポリスには、非常に優れた抗菌作用があり、天然の抗生物質とも言われているほどです。
このプロポリスをミツバチは、巣の出入り口や巣穴の壁などに用いることで、雨や風、冷気から守ると同時に、外部からのウイルスや細菌などの侵入を防いでいるのです。

このおかげで、ミツバチの巣の中は、無菌状態で、ミツバチ達が健康に暮らすことが出来ているのですね。
このように巣の清潔を維持したり、補強材として活躍しているプロポリスは、私達人間にとっても健康に良い成分がたくさん含まれていて、古来からその有効成分が活用されてきました。
これには、フラボノイドやアミノ酸、各種酵素など、実に多くの有効成分が含まれていて、このプロポリスを摂取することで、健康増進や健康維持に役立ってくれます。

これは、あくまでも自然界の物質から出来たもので、人工的に作られた医薬品ではありません。
そのために、直にガンの細胞を破壊する、などの効果は科学的には証明されていません。
プロポリスは健康食品としての位置づけなので、さまざまな効果や効能があるものの、副作用の心配もほとんどないので、安心して飲み続けることが出来ます。

しかしながら体質によっては、軽いアレルギー反応を起こす人もいるようですので、喘息やアトピーなどのある方は、注意が必要です。
プロポリスの副作用として多く見られるのが、接触性の皮膚炎で、プロポリス入りの化粧品やハミガキ粉などを使うことで、かぶれなどを起こすようです。
プロポリス入りのサプリメントなどがたくさん販売されるに伴って、この接触性皮膚炎になる方も増加しているようです。
プロポリスを服用することで、このように皮膚炎になったり、下痢をしたりする事例もあるようですので、はじめて飲む方は、中止しながら少しづる飲むようにして下さい。

このページの先頭へ