美容と健康

プロポリスに含まれる成分

ミツバチ達が植物の樹液などを集めてきて、自らの唾液などの分泌物と混ぜあわせて作り上げるプロポリスは、天然の抗生物質、天然の抗菌物質とも言われているほどの優れた成分を含んでいます。
ミツバチの巣の中には、数万匹のミツバチがいますが、この巣を外部からのウイルスや外敵などから守る役割をするのが、このプロポリスです。
ミツバチが作り出す物質には、ローヤルゼリーやハチミツ、蜜ろうなどがありますが、これらとは違いプロポリスが採取できる量はとても少なくて、また人工的には作ることの出来ないとても希少価値のある物質なのです。

古代からプロポリスの優れた薬理効果は知られていて、感染病の予防や病気の治療などにも用いられてきました。
では、このプロポリスに含まれている成分をご紹介しますね。
プロポリスの成分組成は、その半分が樹皮で出来ていてい、蝋分が30%、精油が10%、花粉が5%で、有機物やミネラル類などが5%となっています。

これに含まれている代表的な成分としては、濃縮されたフラボノイド類http://eviennahotels.com/hurabonoido.htmlが数十種類、さらにミネラル類やアミノ酸、ビタミン類や酵素、有機酸などとなっています。
プロポリスにはこれ以外にも多くの成分が含まれていて、天然の薬理物質の宝庫とも呼ぶ人もいるほどに優れた有効成分が含まれているのです。
これが凄いのは含まれている有効成分の種類の多さだけではなくて、注目の成分も含まれている点です。

人間の健康を保つ上で非常に有効であることが分かっている、カフェ酸フェネルエステルやケルセチン なども含まれていて、細胞が健康な状態になるように調整する働きのあるアルテピリンCも含まれています。
このように優れた万能薬とも言えるほどの成分が含まれているプロポリスは、抗酸化作用や、抗菌、殺菌作用、さらに抗ウイルス作用があり、いろいろな病気の改善や予防に役立ってくれます。
プロポリスはサプリメントhttp://deco-l.jp/red.htmlなどで手軽に購入できるものですが、その種類やランクなどによっても効果が異なりますので、自分の目的に合ったプロポリスを選ぶことが大切です。

このページの先頭へ