美容と健康

プロポリスの選び方

ミツバチが樹脂などに、自分の唾液や蜜ろうなどを混ぜあわせて作り出す固形の植物性樹脂であるプロポリス。
ミツバチはこれを自分たちの巣箱の入り口や壁などに使って、巣の補強や修理をし、外部からの攻撃から巣を守っています。
また優れた抗菌作用があるために、巣を細菌から守ることにも役立っています。

その優れた抗菌作用や殺菌作用などの薬理作用は、古来から知られていて、風邪の予防やインフルエンザの予防、口臭予防や喉の痛み、外傷や眼精疲労など、実にさまざまな効能が期待されています。
このように人間にとっても非常に有効なものですが、1つの巣箱から採取出来る量はとても少なく、とても希少価値のあるものです。

天然の抗生物質とも言われているプロポリスは、その優れた効能があることから、プロポリス入りの商品http://www.ometz.net/05.htmlがたくさん販売されるようになりました。
一口にプロポリスといっても、その原産地や抽出方法などによってその効能や濃度などが違います。
また液体や粉末状のものもあるので、自分の体質などや目的などによって、これを選ぶことが大切なのです。
ではこれを選ぶ際に基準となるのが原産地で、これは大きく分けて2種類あります。

ブラジルタイプのものと、ヨーロッパタイプのものがあり、この2種類のプロポリスは、原産地が違うので、ミツバチの種類であったり、原材料となる樹脂や、花粉の元となる植物の違いが発生してきます。
そのために作り出されるプロポリスの成分が異なり、その効能も異なってくるのです。
一般的にブラジルタイプのものは、味や濃度がとても濃いのが特徴で、カフェ酸エステルなどをたくさん含んでいるプロポリスの中でも非常に有効なものであるとされています。

ガンや血圧、肥満などの生活習慣病の予防や改善に非常に有効であると言われています。
一方のヨーロッパタイプのプロポリスは、一般的なプロポリスで、ポリフェノールの一種であるフラボノイドを主成分としています。
抗菌作用や抗酸化作用に優れていているのがヨーロッパタイプのプロポリスです。

このページの先頭へ